〜 9月便り 〜  

 オリンピックで盛り上がった今年の夏。皆さんはどのような夏をお過ごしでしたか?先日、古くからお付き合いのある、とある酒屋さんからちょっとおもしろいファックスが届きました。―水泳の北島康介選手の活躍がこのお酒にも影響しているようで、オリンピック応援と同時に突然完売です!− 北島酒造にはその名も『北島』(そのまんまですが・・・)というお酒があり、そのお酒の注文ファックスだったのですが、まったく考えもしていなかった反響に思わず笑ってしまいました。日本のどこかに、『北島』を片手にオリンピック放送を見ながら、北島選手をはじめ日本の選手を応援している人がいると思うと、何だかとても嬉しいのです。このお酒は2年前の冬、品質を重視し無駄な装飾を省く、と質実剛健を目指して造られたお酒で、決して北島選手の便乗商品ではないのですが、たまたま同じ名字ということで選手と重ねて見て頂けたのでしょう。なにはともあれ多くの選手の大活躍に、手に汗握る夏でした。

 出産のため、7月、8月とお休みを頂いていましたが、早いもので9月です。この季節便りを始めてから1年が経ちました。非常に個人的なことではありますが、数年前の9月、あるお店で飲んだジャックローズというカクテルが、私のお酒への道の始まりでありました。(「飲む」という意味ではなく、「勉強する」という意味で、です。)9月は一年のうちで一番お酒の似合う季節だと、私は思います。まだ暑さが続きながらも少〜し肌寒くなってくる9月、そして何とはなしに少〜し人恋しくなってくる9月、そう、まさに今、この頃です。お酒をちょっとだけ飲んだ後の外へ出た時の空気の気持ち良いこと!空はどこまでも透き通って、どこまでも漆黒で、自分が夜に包まれているような気がします。ウイスキーでもワインでも、ビールでも焼酎でも、一番好きな物なら何でも良いと思います。けれどやはり日本酒。秋には秋の秋酒を・・。この季節には「ひやおろし」というこの時期だけのおいしい日本酒があります。冬に仕込まれ、ピチピチと若くフレッシュだったお酒が、一年の熟成を経てしっとりとまろやかになったものです。北島酒造でも、毎年この時期には地元の百貨店等で「ひやおろし」の量り売りをいたします。皆さんも是非是非一度、お試しください。

2004年9月7日(火) Tomo 記
 



(C)KITAJIMASHUZO