〜 1月便り 〜


 新年 明けましておめでとうございます。皆様、どんなお正月を過ごされましたでしょうか。北島酒造も年末年始の間はお休みをさせて頂きました。しかしお正月と言えど、蔵人さんは休みなしでお酒と真剣勝負の毎日です。そんな忙しい蔵人さんですが、元旦の朝には私たちの所までお正月のご挨拶に来られます。例年はとても厳粛に感じた朝のその数分が、今年はヨチヨチと歩き回る我が娘に、皆の表情も柔らかくなってしまっていた気がいたしました。

そして今日は早や7日。我が家でも七草粥を作ろうと思いスーパーへ七草を買いに行ったのですが、高かったので買うのをやめ、適当なお野菜で間に合わせて作ろうかと考えていました。すると、普段あまり口出ししない主人(十四代目)に、「日本の食文化の担い手であるべき者がそんな事ではあかん」と、たしなめられてしまいました。ごもっともです、ごめんなさい。どうにかこうにか七草粥を作り、取り合えず満足はしてもらえたようです。

話変わって、新年早々非常に申し上げにくい事が起きてしまいました。「純米にごり うま酒」 - 当蔵で唯一のにごり酒で、その独特の風味と健康志向とでとても人気のあるお酒です。「何だか少し嫌な匂いがする」と、数名のお客様よりご連絡を頂きました。調べてみると、昨年11月に蔵出ししたこのお酒の一部が品質劣化していることが判明しました。(身体に害はありません。)今年は例年以上の暖冬のため、このお酒を貯蔵している蔵内の温度管理が非常に難しかったこと、さらに、小売店さまなどを経てお客様のお手元へ届くまでの流通過程上でも気温が影響してしまったことなどが考えられます。この「うま酒」は、当蔵でも最もデリケートなお酒で、お取り扱い頂くお店はもちろん、お客様にも冷蔵保存をお願いしてはおりますが、こういう結果に到ってしまい、一同非常に猛省いたし、今後の対策を検討すると共に、ご連絡下さったお客様に誠心誠意対応させて頂いているところです。

このようなことは私が北島へ来てから初めてのことで、「お酒は生き物」とはよく言いますが、人、水、空気など、すべてが相互に影響しあっていることを、痛感する出来事でした。他にもお気付きの点があるお方がもしいらっしゃいましたら、大変お手数ですが、当蔵まで着払いでその商品をお送り下さい。原因究明をいたし、今後二度とそのような事の無いよう、より美味しいお酒を造り続けていけるよう、努力をいたします。何卒本年も御代栄をご愛飲賜りますよう、心よりお願い申し上げます。


TOMO
2004年1月7日(水)
 



(C)KITAJIMASHUZO