〜 9月便り 〜


琵琶湖を臨む滋賀県は、全国でも有数の米どころです。ここ甲賀地方も近江の米どころのひとつ。
その甲賀でも、あちらこちらで稲穂の頭(こうべ)が垂れているのを見かける季節を迎えました。

今年は天候不順が災いして、全国的にコメが不作とか。
私たちの主食であるお米が値上がりとあっては、家計も気になるところです。私たちが日常食べるお米が値上がりするということは、やはり酒米も値上がりします。しかし当然品質を落とすわけにはいかないので、今年はほとんどの蔵元さんが頭を悩ませていることでしょう。皆さんはご存知でしょうか?実は数多くある酒類の中で、原材料に最もお金が掛かるものの1つがこの日本酒なのです。

北島酒造では、契約農家の方にお願いして作って頂いた減農薬栽培のお米を使用してお酒を仕込んでいます。酒米にも山田錦などに代表されるような有名ブランドの酒米も沢山あります。それももちろん素晴らしい。ですが、顔の分かる、信頼できる方が一所懸命作ってくださったお米も、それに勝るとも劣らないと私たちは確信を持っています。『地産地消』―地元でとれたお米を使い、この地に流れる水を使って醸(かも)し出したものが、本来の意味での地酒の姿であると私たちは考えます。
 
閑話休題
日中は夏が戻ってきたかのような厳しい残暑が続いています。しかし陽が傾き始めると、アキアカネが飛び交い、辺りには秋桜もちらほらとそのしとやかな姿を風に揺らしています。なんだか夏と秋が同居しているみたいですね。さあ、これからお酒が美味しい季節に迎います。美味しいお酒を毎日少しずつ。これが健康の秘訣です。どうぞ皆様も体調を崩されないよう、お身体ご自愛くださいね。


TOMO
2003年9月2日(火)
 



(C)KITAJIMASHUZO